釜石鵜住居復興スタジアムブック

釜石鵜住居復興スタジアムのブランドブックを制作しました◎

なぜ釜石にスタジアムが必要だったのか___

建設に携わった方々、それを見守り続けた住人の想いとクラフトマンシップが写真と文章で綴られています。

スタジアムまでの道のりが追体験出来るような1冊になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジアム同様、決して重厚な存在感を出さず、軽やかな本が作れたと思います。

全国の書店で販売しています。

https://www.shogakukan.co.jp/books/09388715

 

 

 

装丁 窪田新、浦中宏樹

写真 福岡秀敏

取材・文 吉谷吾郎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL